インプラント治療

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というプロセスをたどります。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、インプラント治療をはじめてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。

インプラント治療による危険性をさまざまな情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。
しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像がつくられます。
金属があれば、そこは乱れて映ります。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療とくらべても高額です。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんどすべて自費診療だというのが高額の負担を避けられないわけです。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を願望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。